読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ファン ・ 推し ・ 担当


f:id:ak14sk:20170210012948j:image


アイドルやアニメカルチャーが日本経済を支えている、とまで言われている現在、「〇推し」「△担」等、これらの言葉が “アイドルが好き” ではない一般の人にも当たり前に通じる世の中になりましたね。



私は「〇くん推し」や「〇くん担」って表現は滅多に使わないです。
使うとしてもSNS上に限ります。





なぜかと言うとそれは


単純に恥ずかしいから

もうアラサーに片足突っ込んでるBBAなもんで。。



もちろん私と同い年くらい、または年上の方が使ってることをディスっているわけではありません。単に自分がチキンなのです。


正々堂々と「私は〇くん担ですがなにか!?」って胸を張って言える身分じゃないよな私は…痛いよな…こんなデブスBBAに好かれても迷惑だよ…
っていう謎のネガティブシンキングが脳内で発生するのです。


故に、よっっっっっっっぽど気心知れた友人じゃない限り、ジャニーズの誰が好きなの?等の話をふられても、
「〇〇くんかな〜。かっこいいよね〜」
と言った感じでスカしてしまいます。


なんたるクソヲタ!!!もうジャニーズの会話が始まった時点で、私の頭の中では好きなジャニーズタレント名鑑広げて片っ端から「〇〇様のこのプロ意識が半端なくてもう無理」「△△きゅんのあの笑顔を見て落ちない女はいない」と1人ずつプレゼンしたい欲求がふつふつと沸いているのに!!!恥ずかしさが勝つなんて!!!!!ヲタクを名乗る資格もない!!!!!!!



あと、これはアイドルヲタクとしては物議を醸す問題ですが、
わたしDDなんです。


はじめは「〇くんかっこいい!好き!」って思って見てても、しばらく見てるうちに「あれ?一緒にうつってる△くんってこんな可愛い笑顔するんだ〜」とか、「□くん、ちょっとしかうつらないのにこんなに頑張ってる!!」とか、いろんな人の魅力が見えるじゃないですか。
かと言って、〇くんのことを好きじゃなくなる訳ではないし、単純にいろんな人の魅力を知って好きな人が増えていくわけですよ。


それぞれの人に、いろんな形の「好き」って感情があるので、単に何股もするような尻軽女なわけではないんですよ?(DDの主張)







さて本題です!

そんな私が、しいて言うなら…と名を挙げる、“担当くん” のお話です。



先程のDD発言を踏まえた上で聞いてください。



強いて、、強いて挙げるとしたら



現在、


強いて言うなら…とか言っておきながら3人いますね。分かってるんですそんなことは、自分が一番。



玉森くんは一度ジャニーズから離れた私を再びジャニーズに迎え入れ、そしてまんまと底の見えないハッピーなジャニヲタ沼に落としてくれた思い入れが強いので不動の一位です。



よっ!タマネギ王子!!👏👏👏

(ジャニヲタじゃないとき黄金伝説の玉ねぎ生活は見ていて 玉森くん=濱口優の弟子のタマネギの子 という認識でした)
f:id:ak14sk:20170211233315j:image



他Gのライブとか見てどんなに心が揺らいでも、
最後はやっぱり玉森…と、なります。

最後もやっぱり君(通常盤)

最後もやっぱり君(通常盤)






松島くんは、2015年(確か)のサマステに北斗担の友達と一緒に入った時に初めて生で見て、

「なんてシャカリキにダンスする子なんだ…!」

と、雷が落ちるように松島沼に落ちました。

「しかもFORM(北山くんソロの神曲)を歌ううなんてっ!!わかってるぅぅぅ!!!」



そしてそこからのウェルセクツアーです。

セクチャン(別名:セクガル量産番組)でグツグツに沸騰し、もう破裂寸前の私にウェルセクというこれ以上ないセクゾに落ちる機会。
これは乗っからない手はない。

しかもありがたいことにとても良席で、超絶至近距離で結構長い時間メンバーを拝むことができまして、そのときに初めて生で見た風磨くんの女性のようなシルエットに息が止まりました。



この時もまた北斗担の友人と一緒だったんですが、


「え…ふうまって生で見るとこんなに美しいの…?テレビで見てるのと全然違うやん… えっ…肌なに…腰ほそ…無理いけめん無理すき…どうしよう無理無理無理」

と、その瞬間お互いに放心し語彙力を無くしました。

(ちなみにその北斗担の友人は、コンサートが終わったその足でファミリークラブ窓口に行き、セクゾFCに入会してました)


風磨くんってほんっっっっっと、
テレビより生の方がイケメンですよね(褒めてます)


ジャニヲタ化する前は 「セクゾは菊池くんがどうしても顔が苦手かも」とか言ってた時期があったんですが、そんなこと1ミリでも思ってごめんなさい!!!!!!と心の中でスライディング土下座しました。

今すぐタイムリープしてあの頃の自分を殴りたいです。ほんとにごめんなさい。




Sexy Zoneは全員顔面偏差値がべらぼうに高い

f:id:ak14sk:20170211232629j:image


そう痛感したのがウェルセクでした。
(またこのウェルセクの話も詳しくしたいな…)



ということで玉森くんから入ってキスマイ担になり、松島から入ってセクゾ担に。
そして友達の影響でSixTONES担に。

キスマイを知ると必然的にA.B.C-Zを知るし、Snow Manを知るし、安井姐さんを知るし、そこからガムシャラや少クラを見るおかげで他jrも知ります。

もう本当に芋づる式です。


f:id:ak14sk:20170406031014j:image


今はもう事務所の全員が愛おしいし、そのプロ意識を心から尊敬しています。






「一度ジャニーズから離れた」と先述しましたが、離れる前を『第一期』 ・ 戻ってきた今を『第二期』とすると、第二期の現在の方がハマり具合は重症です。


ほら今も、
“はまり” とキーボードを打ったら予測変換で“ハマリウス”が1番に出てきました。




みんな僕にハマリウス〜!


どころか、



私がみんなにドハマリウス〜〜〜!!!!(もうこんな歳なのにどうしてくれるんだ!!!)



f:id:ak14sk:20170211232333j:image











長々とお付き合いいただき、ありがとうございました。